愛犬の躾は本気で野生的に!

はじめまして。40代会社員。埼玉県に住んでいます。うちには7歳になる甲斐犬のメスがいます。甲斐犬というと一人の飼い主に従順になついて他の人の言うことは聞かないなど飼いにくいイメージがあるようなきがします。今までうちに迎えた歴代の犬はミニチュアダックス、ポインター、ミックス(雑種)でした。なので純粋な日本犬を迎えるのは今の子が初めてでした。
洋犬と比べて和犬の性格は随分違いました。歴代の洋犬は人(飼い主に)べったりでした。犬らしくいつもかまってとよってきました。いまの子は本犬の正確や甲斐犬という特性もあるのか頑固です。また人にたいして洋犬のように無条件で甘えてくることもなくちょっと猫のような気まぐれと独立心が混ざっているような感じがします。今までの洋犬の子たちと違う独特の性格を楽しんでいるところはあります。歴代の洋犬は散歩が好きでそとに行けば先頭に立っていつまでも歩いていたい子たちでした。変わって今の子はとにかく散歩が嫌い。空気を読むのが得意で散歩の予感がすると椅子の下に逃げていきます。やっとのことで散歩に連れ出すと、要を済ませれば一目散に帰りたがります。いつもいく道を覚えていて長く歩くコースには行きたがりません。他の犬との交流は、性格が固まらない子犬の頃よりいろいろな犬と遊ばせたおかげで良好です。他の人に対してもフレンドリーにしっぽをふります。
しつけに関しても特にこまったことはありませんでした。室内で飼っていますが、トイレを失敗したことはないです。ものをかじるなどの悪さをしたこともなく、頭のいい子だなと日々思っています。一度だけ人間の食事をテーブルから取り、味をしめたときがありました。しつけで怒るときは本気で怒らないと覚えないので、家では母犬が子犬を怒るときを参考にしています。ぶったりして犬が怪我をすると大変なので耳を思いっきりかじります。かなり痛いと思うけど、ピアスみたいに穴が空いたとしてもすぐに塞がので!
食べ物をとったとき現場を押さえて噛み付いたら(だいぶ野性的ですが)それいらいやらなくなりました。犬は縦社会の生き物なのでしっかりとしたリーダーシップをもって接すると安心するみたいです。
こんな感じで楽しく暮らしています。