24歳女 亀にただいまというのが日課です

私は動物が大好きな24歳女です。
家がマンションなので、犬や猫などの大きな動物は飼ったことはありませんが、
今までに、金魚やハムスターを飼ってきました。
そして今はリクガメを飼っています。
細かく言うとヘルマンリクガメという種類の亀を飼っています。

約1年半前に父がずっと飼いたいと言っていた亀をお迎えしました。
家に来たときは握りこぶしより小さかったです。

主食は亀フードや小松菜きゅうり、オクラなどで
果物もたまーにあげています。
やはり亀も人間と一緒で甘いものが大好きで
果物をあげるととても喜び、目が輝いています。

ヘルマンリクガメは暖かい地域の亀なので
ライトを当てて亀部屋の温度を保っています。
大体25℃くらいを保ちます。
ライトを消すと動きが鈍くなり、ライトをつけると
活発に動き出すのでやはり暖かいのが好きみたいです。

週に1,2回
洗面台に亀専用の桶を置きぬるま湯を入れて
亀をお風呂に入れています。
最初はじっとしていますが、うちの亀はお風呂が好きではないのか
早く出せえと暴れます。
亀の体を清潔に保ちたいのでお風呂は欠かせません。

お風呂の後は前と後ろ足の爪が
伸びていたら、爪切りで切ります。
小さい子頃は嫌がっていましたが
今はご飯をあげてる隙にささっと切ってしまっています。

そしてもう一つお風呂できれいになった後は
お部屋の中か外が暖かい日はベランダで
お散歩をします。

亀はゆったり歩くイメージがあるかもしれませんが
意外に早くすたすた歩きます。
歩いているその姿もかわいく、愛おしいです。
個人的には後ろ姿が特に好きです。

あとは何といっても
亀の鼻の穴がかわいいです。
つまようじで、てんてんと刺したような小さな鼻の
あながこれまたかわいくて、かわいくて。
親ばかですみません。

ヘルマンリクガメはリクガメの中でも小柄な方で
大きくなっても20センチくらいです
そして20年から長いと30年くらい
生きるといわれています。

どの動物にも言えることですが
飼った以上は最後まで面倒を見なければいけません。
リクガメは特に長生きなので
飼う前によーく考えてほしいです。

実家で亀を飼っているので
父が病気とかになりどうしても飼えなくなったら
私か親戚のお兄ちゃんが引き取る予定です。

亀が家に来てくれてから
家族の共通の会話ができ、とても楽しいし
癒されるので、亀には感謝しています。
いっぱい食べて、遊んで長生きしてくれたら嬉しいです。